冷え性は太る!体を温めて代謝をアップしよう




ダイエットの食材選びで、よく「体を冷やすものはNG」と書いてあるよね。
あれって実はすごく大事な事で。
体が冷えると、痩せにくい。それどころか太りやすくなる。
体を温めるって事は、とても大事な事だ。

冷え性が太りやすいショッキングな理由


まず、体の温度が1度下がると13%も基礎代謝が低下すると言われている。
同じように1日過ごしても、体温が1度差がある人とでは1日の消費カロリーに差が出てしまう。
これ、結構ショックじゃない?この時点で結構な損だと思うんだけど…。

更に、体が冷える事で起こりうる症状として
血行不良
便秘
脂肪がつきやすくなる
体重増加
生理痛の悪化
むくみ
肩こり、腰痛
免疫力の低下

などがある。
健康面でも美容面でも、いかに体を温める事が大事かがわかってもらえると思う。







 

冷え性を脱却して痩せやすい体になろう

体を温める事が痩せやい体を作るという事につながってくる。
もちろん、温めるというのは一時的にではなくずっとだ。
体の温度が1度下がると13%も基礎代謝が低下するという事は
体の温度を1度上げると13%基礎代謝がアップするという事だからね。

食べ物で体温を上げる

生姜(乾燥させるともっと良い)
にんにく(お腹を壊すので食べ過ぎに注意)
牛肉
にんじん、ごぼうなどの根菜類
大豆、納豆などの豆類

上記のような食べ物が、一般的に体を温めると言われている。
特に生姜の成分ジンゲロールはみんな聞いた事あるよね。


こういったものを食事と一緒に摂取する事で、体の冷えを改善していこう。
夏だからといって冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂取するのも厳禁。

体の外側から体温を上げる

体の内側からだけでなく、外側からも体温を上げる方法はある。


こちら、貼るだけで痩せると韓国で話題のヒートスリム42℃
どういう事かというと、貼った部分を岩盤浴中のように温めてくれるというもの。
冷え性の人でお腹が冷えるという人は多く、またお腹に脂肪がつきやすいので
これはとっても便利だと思う。


お腹に直に貼るものだから、へそ出しファッションじゃない限り見えないしね。
出かける時もそのまま貼って行けそう。



 

冷え性改善には体の内側、外側からのアプローチを


冷え性の改善には
体を温める食材を摂取する
体を冷やす食材をなるべく摂らない
体の外側から温める
などの方法がある。
始めていきなり効果が表れるというものではないと思うけど、頑張って続けていこう。