空腹を利用して体脂肪を燃やす!空腹時にすべきこと




ダイエットをするとどうしても毎日空腹を感じてしまう。
この空腹感に堪え切れずドカ食いに走ってしまうか
空腹をうまく利用してより減量をスムーズに出来るかはあなた次第。

空腹は「今なら体脂肪燃えますよ」というサイン


痩せるにはまず体脂肪を燃やす必要がある。
体脂肪を燃やすには中性脂肪を分解させる必要があるのだが
空腹時は中性脂肪の分解を促進出来る状態になっている。
これは、HSL(ホルモン感受性リパーゼ)という酵素を活性化してくれるため。

空腹を感じたら、出来る限り歩き回ったり1分間だけでもその場を走ったりしてみよう。
お腹がすくと動くたくなる気持ちはわかるけど(私もそうだし)その場に座ったままだったり、寝転がったままじゃ実にもったいない過ごし方をしてる事になる。







 

空腹時に運動をすると更に体脂肪の分解を促進


当然、空腹時に運動することで更に体脂肪(中性脂肪)の分解を促進する事が出来る。
これは、使用する筋肉のエネルギー源として多くの脂肪酸を必要とするため。

また、運動をする事で分泌されるアドレナリン成長ホルモンもHSL(ホルモン感受性リパーゼ)という酵素を活性化する効果がある。



 

空腹を感じたら、ちょこちょこ動いてみよう


空腹の状態で1時間も2時間もランニングしたりはなかなか出来ないと思う。

ちょっと散歩に出てみるのもいいし、なるべく動き回るだけで体脂肪の分解具合は全然変わってくるから是非実行してみて欲しい。
そう考えると、空腹に対する辛さやイライラも軽減されるかもしれない。